新築住宅 建て替えと住宅リフォームではどちらが良い?

新築住宅 建て替えと住宅リフォームではどちらが良い?

住宅リフォームの全面改修の場合、新築住宅とほぼ変わらない値段になってしまうことが!

住宅リフォームの全面改修の場合、新築住宅とほぼ変わらない値段になってしまうことがあります。
また、お住まいの老朽化がかなり進み、土地地盤、土台、柱に問題が見つかった場合などは、新築住宅への建て替えの方が良いかもしれないですね。

ですが、新築住宅建て替えとなった時に新たな費用が発生しますので、それをきちんと考えておかないといけません。
例えば、取り壊し費や仮住まい費用・引越し費用や、登記の費用、火災保険など、余分に資金が必要になってきます。

皆さん当然に予算に限りがあります。大きく予算オーバーする場合や何らかの理由で急を要する場合はリフォームが良いかもしれませんね。

また、現状の建物が敷地ぎりぎりに建っている場合も注意が必要です。建築基準法が建築当時と異なっている場合、法律上の制限を受けて建て替えると今より狭い面積の住宅になる場合もあります。こんな時は住宅リフォームが向いているかもしれませんね。