住宅リフォームで間取り変更は自由にできるのですか?

住宅リフォームで間取り変更は自由にできるの?

住宅リフォームする場合にお住まいの構造によってはできないリフォームもあります。

住宅リフォームする場合にお住まいの構造によってはできないリフォームもあります。
以下、一般的な構造で概略をお伝え致します。

鉄筋コンクリート住宅鉄筋コンクリート住宅においては、梁と柱以外は自由に間取り変更が可能となります。
注意しなければならないのは、面積が広い住宅の場合です。構造上、補強のコンクリート壁が設けられているような時は、その壁を壊すことはできません。
鉄骨造在来工法でいわれるところの「筋かい」と同じようなブレースが壁面に入っています。
その壁を取り除いたりすることには制限があります。
在来工法
(一般的な木造住宅)
木造住宅の中では、法的な規制をシッカリとクリアすれば、概ね自由にプランが可能です。
ただし、柱を撤去する、大きな開口部を設ける、一部屋を大きくするときなどは、計算・補強等も必要です。綿密な検討が必要なことを忘れないようにして下さい。
プレハブ工法
(ハウスメーカー系住宅)
住宅ハウスメーカーにより工法や材質は、いろいろです。一般的に壁パネルを合わせた工法のため新しく開口部を作ったり、壁を撤去したりするには制限があります。
2×4工法
(輸入住宅やハウスメーカー系住宅)
基本的に壁で建物を支える構造となっています。そのため間取り変更は制約が多くなるのが現実です。壁を撤去して部屋を広くするなどの増改築には制限があります。