リフォーム瑕疵保険

リフォーム業者は、自分の仕事に不備があった時に備えて『任意』で保険をかけることができます

今回は『リフォーム瑕疵保険』についてお話しします。

リフォーム業者は、自分の仕事に不備があった時に備えて『任意』で保険をかけることができます。
もちろん、その費用は業者が負担します。

ちなみに、構造耐力上重要な部分や、雨水の侵入を防止する部分の保険期間は、工事完了から5年間。
その他の部分は1年間です。

あなたが瑕疵を発見した時、もし業者が倒産していても、保険法人があなたに保険金を支払ってくれます。
とても心強い制度ですね。

業者がこの瑕疵保険に加入するには、まず事業者登録をします。
この時、検査を合格した業者だけが登録を許されます。