住宅リフォーム、自分でできる見積書チェック

見積もりを依頼する業者の数は最大3社くらいまでがいい

今回は『自分でできる見積書チェック』についてです。

見積書を作ってもらう時は、最初に「いくつかの業者に見積もりを作ってもらい、それを見てからでないと決められません」と業者に伝えておくのが良いかと思います。その方が、業者さんも快く応じてくれるかと思います。

見積もりを依頼する業者の数は最大3社くらいまでがいいと思います。それ以上増えるとワケが分からなくなる場合もあります。

見積書の記載方法は業者によってバラバラです。

ところで、前にもお伝えしたかと思いますが、見積書の記載方法は業者によってバラバラです。
だから、専門家でない一般の人が、それを見比べるのは至難の業だと思います。

そこであなたに提案があります。

・ 単価や数量、仕様が分かるように記載する。
・ 「一式」と表現する場合、その内容について別途記載をお願いする。

というように、あなたが詳しく知りたい内容を、すべての業者に伝えておくのはどうでしょうか。

見積書は、ただ金額を比較するためのものではありません。
分からない事は遠慮しないで業者に尋ねていくのが良いと思います。