リフォームの訪問営業

『訪問=悪徳』という図式なら分かりやすいのですが・・・

今回は『リフォームの訪問営業』についてお話します。

『訪問=悪徳』という図式なら分かりやすいのですが、正しい業者も多いので、見分けは難しいですね。
そんな時に覚えておきたい法律がこれです。


『特定商取引に関する法律 第三条(訪問販売における氏名等の明示)

『特定商取引に関する法律 第三条(訪問販売における氏名等の明示)

販売業者又は役務提供事業者は、訪問販売をしようとするときは、 その勧誘に先立つて、その相手方に対し、販売業者又は役務提供事業者の氏名又は名称、売買契約又は役務提供契約の締結について勧誘をする目的である旨及び 当該勧誘に係る商品若しくは権利又は役務の種類を明らかにしなければならない』

このように、法律では

・ 最初に「会社名や自分の氏名」を名乗り
・ 「リフォームの勧誘をするために来ました」との目的をあなたに伝え
・ 「リフォームの提案内容」をあなたに説明する

という3つを義務付けています。

これができていな業者は、法律を知らない業者かもしれません。悪徳業者でなくても、スキルの低い業者かもしれません。
法律を守って営業することは、すべての業者にとって基本中の基本です。

ということで、彼らが最初に話す言葉を聞き逃さないでくださいね。