住宅リフォーム業者選択時の最低条件と思われること

リフォーム業者選択時の最低条件

今回は、『業者選択時の最低条件』についてお話しします。

リフォーム業者に求めたい最低条件。
それは、『建設業許可』です。

500万円未満のリフォーム工事や、1500万円未満の新築工事など、規模が小さい工事は、許可を得ていない業者でも施工することができます。
だからこそ、建設業許可のない便利屋さんやホームセンターなども、次々にリフォーム業界に参入できるのです。

当然、低いレベルの業者もいます。
そんな業者に依頼するのは、ちょっと怖くありませんか?

建設業許可

建設業許可は、都道府県知事か国土交通大臣のどちらかが与えます。
営業所の所在地の違いで分かれるだけで、能力で分かれるものではありません。

絶対とは言えませんが、安心材料の一つとして欠かせないものですね。