住宅の木製建具の診断

時々木製建具の動き方を観察

今回は『木製建具の診断』についてお話しします。

木製の建具は、室温や湿度によって動きが悪くなることがあります。
また、建具金物が劣化した場合も動きが悪くなります。

そういえば、スタッフが、実家の開けっぱなしのフスマを20年ぶり位に閉めようとしたら、きちんと閉まらなくて困ったそうです。
どうしても閉める必要があったので焦ったものの、結局、途中までしか動かせずに諦めたとか。

ですから、時々動かせる範囲を全部動かして、動き方を観察してください。
それは、建物の異常の早期発見にも役立ちますよ。