住宅の基礎の診断

基礎は、土地と建物をつなぐ大切なところ。1年に1回はチェック

今回は『基礎の診断』についてお話しします。

基礎は、土地と建物をつなぐ大切なところです。
こちらも1年に1回はチェックしたいですね。

基礎のチェックは目で行います。
もし地盤が弱くて不動沈下が始まっている場合、必ず基礎に変化が起こります。
屋根や外壁と比べると面積も狭いしチェックしやすい部分なので、念入りに調べてください。

もしヒビが入っていたら、外壁の時と同じように、幅や深さを記録してください。
翌年、その傷みがひどくなっているようなら要注意です。

また、床下に潜れない構造の家もあるかもしれません。
シロアリなどの気になることがあったら、カメラで床下を点検してくれる業者に見てもらうといいですね。