リフォーム工事の「工事保証書」

工事保証書は、『その作業に対して』業者保証をしたものといえばわかりやすい

今回は、『工事保証書』についてお話します。

工事保証書は、「もし施工不良個所があれば、一定期間内は無料で補修させていただきます」というものです。
リフォームの際に設置した設備については、その『設備に対して』メーカー保証がついています。
工事保証書は、『その作業に対して』業者保証をしたものといえばわかりやすいでしょうか。

ただ、法的な義務付けがないので、発行しない業者もいます。
では、発行する業者は、どうして手間をかけて工事保証書を発行するんでしょう。

工事保証書の有無、保証期間の長さの確認は大切

その理由は業者によってさまざまですが、主なものとして

・確実な作業をしたことを証明し、お客様に安心感・信頼感を与えるため
・次のリフォームの時も、また自社を選んでほしいから
・同業他社との差別化

といったことが挙げられます。

あなたが業者選びをするとき、「メーカー保証とは別に、おたくから工事保証書を頂けるんですよね?」と確認してみましょう。
工事保証書の有無、保証期間の長さの確認は大切ですよ。